FC2ブログ

『ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン2』攻略まとめ

『ブラッドステインド:カース オブ ザ ムーン2』の攻略まとめ記事です。
(Bloodstained: Curse of the Moon 2 | ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン2 | ブラステ2)



スポンサーリンク



スポンサーリンク





■概要

Bloodstained: Curse of the Moon 2(ブラッドステインド:カース オブ ザ ムーン2)とは
『悪魔城ドラキュラ』シリーズで知られる五十嵐孝司氏とインティ・クリエイツが手掛けた
8bit(ファミコン)風の2Dアクションゲーム。
前作である『Bloodstained: Curse of the Moon』の続編です。

主人公は、前作でも主人公を務めた斬月。
新たな仲間も登場し、再び悪魔の城へと挑みます。

配信開始日は、2020年7月10日。
対応プラットフォームは、PS4 /Xbox One/Nintendo Switch/Steam
価格は1,480円(税込)



■攻略

【 EPISODE1 -The Demon's Crown- 】

STAGE01:『竜影、月に踊る』

STAGE02:『欺き夢繰る妖女』

STAGE03:『飛瀑裂く凶戦車』

STAGE04:『女王の剣の葬送曲』

STAGE05:『天地貫く緋骨の鎖』

STAGE06:『巨なる棺は誰が為に』

STAGE07:『静寂と鳴音の狭間』

STAGE FINAL:『悪魔の王冠』


【 EPISODE2 -Unbreakable Bonds- 】

STAGE01:『絆を胸に』

STAGE02:『幻夢斬り断つ紅蓮剣』

STAGE03:『轟鎧撃ち抜く銀弾主』

STAGE04:『海割る鋼の破壊王』

STAGE05:『火よりも熱き血潮で』

STAGE06:『遺物に構う暇はない』

STAGE07:『心一つに、斬れ』

STAGE FINAL A:『熱き絆は砕けない!』

STAGE FINAL B:『その時、彼女は言った。』



【 EPISODE EX -Oath of Reunion- 】

STAGE01:『最後の希望』

STAGE02:『蒼き薔薇の姫闘士』

STAGE03:『錬金術と共にあれ』

STAGE04:『哀しき運命の男』

STAGE05:『止められる者は、ない』

STAGE06:『棺を踏み割り その先へ』

STAGE07:『何度立ち塞がろうとも』

STAGE FINAL:『再開の誓い』



【 FINAL EPISODE -月を斬る者- 】

STAGE FINAL 01:『月の涙(前編)』

STAGE FINAL 02:『月の涙(後編)』

STAGE FINAL EX:『大・斬・月』(斬月単体)




■情報

エピソードの解放条件まとめ


■仲間キャラクター

斬月
主人公。全キャラクター中、最も素早い攻撃動作と高いHPを併せ持つ万能キャラクター。
鎖分銅、呪符、面という燃費のいい3つのサブウェポンが使用可能。
本作では更に戦いの中で新たな技を獲得します。

ドミニク
エクソシストの女性。上方向にも攻撃できる槍を武器とします。
高い跳躍力のハイジャンプを持ち、回復や死者蘇生などヒーラーとしての能力も高いようです。
消費WPの少ないサブウェポンも多く、扱いやすいキャラクター。

ロバート
凄腕の元軍人。メインウェポン(通常攻撃)が一瞬で画面端まで届く遠距離攻撃です。。
退魔の力を持たないため撃たれ弱いですが、メインウェポン・サブウェポン共に強力。
サブウェポンのWP消費が激しいのでゴリ押しは苦手としています。

ハチ
魔道アーマーに組み込まれたコーギー犬。最大のHPと攻撃力を持つパワーファイター。
ホバリングや地形ダメージ無効化、ガード不能の強烈なパンチなど探索面でも戦闘でも役立ちますが
サブウェポンは一つしかありません。



スポンサーリンク




公式サイト

スポンサーサイト



テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の攻略記事
プロフィール

HN:モノクロム

管理人が遊んだゲームを色々と更新&攻略していきます。
気になるニュース(ゲーム関係など)を紹介する事も多いです。

当サイトはリンクフリーです。


ツイッターアカウント
@anata7721
Google
Googleはサービスの改善や交流支援の為に ユーザーのブラウザにCookieの保存及び使用。 広告配信時に情報を収集する可能性があります。

また当ブログはサービス向上の為に Google アナリティクスにて情報収集を行っています。

サイト方針・免責事項及び
Google アナリティクスについて:
こちら

QRコード
QR