FC2ブログ

【FE暗黒竜と光の剣】25章『えらばれしものたち』を攻略!

『えらばれしものたち』の記事です。
(ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣 ファミコン版)



スポンサーリンク



スポンサーリンク





■25章:えらばれしものたち

初期加入:ガトー
仲間加入:

ボス:メディウス


★育成の方針

ガトー
技、速さ、武器レベルが最初から20です。
HP38、守備15と耐久力もあり、Lv18なので即戦力所か完成済みユニットと言えるでしょう。
リザーブを持参してくれるのでそれを使っているだけでも役立ちます。
扉が閉まるのに間に合わないので戦闘させるなら要とびらのカギ


★攻略の流れ

●終章

この章では制圧の必要はなく、最終ボスであるメディウスを倒せばクリアです。


●分断された自軍、閉まる扉

自軍は4部隊に分断されています。
それぞれにパラディン、将軍、勇者、シューター、司祭、ドラゴンナイトと言った強力なクラスの敵から
概ね3体+αが襲い掛かるようになっています。
満遍なく戦力が振り分けられているなら良いですがそうでなければワープなどで戦力を送り込みましょう。
また前のマップ同様に、このマップにも魔竜がザコ敵で存在しており、魔法が効かないので注意。
ドラゴンキラーで倒しましょう。

そして、一番困るのがターン経過で勝手に扉が閉まる事です。
狭くなっていて、如何にも扉が閉まりそうな通路がターン経過で勝手に締まります。
敵の対処もあり、高確率で分断されます。
とびらのカギ、盗賊などで開けてあげましょう。


●増援

6ターン目より、増援が出現します。
増援の場所は各地の階段と右下の砦

メディウスのいるエリアの階段からはマムクート、勇者が出現。
右下はドラゴンナイト、司祭、パラディン、シューターなので、それらが分断された自軍に襲い掛かる前にメディウスに到達して倒しましょう。
階段はメディウスの所以外は労せず塞げると思うので、塞ぎましょう。


●メディウス前の魔竜が強敵

メディウスの手前に魔竜がいます。
こいつは動きません。
メディウスは2距離からの攻撃全てを無効化するのでこいつを倒さなければメディウスにダメージは入りません。

そしてこの名もなき魔竜がやたらと強く、竜石の力を含めて守備力は27もあります。
ステータスだけ見ても前章のゼムセルより圧倒的に強い。
ドラゴンキラーかチキじゃないと倒せないと思います。

周りにいるスナイパーも厄介。
必殺が怖いので耐久のあるパラディンがグラディウスや手槍を持って相手をするのが良いでしょう。
スナイパー2体さえ倒せば、増援含めてメディウスのいるエリアで2距離攻撃をしてくる敵はいません。
他の増援がやってくるとこの限りではないので早急にメディウスを討伐しましょう。


●最終ボス : 暗黒地竜メディウス

メディウスはラスボスだけあってとても強いです。
守備力は圧巻の35!
更に2距離からの攻撃を無効化、魔法を無効化します。
ダメージを与える手段は、デビルソード、デビルアクス、グラディウス、メリクル
後は対メディウス兵器である神剣「ファルシオン」

グラディウスであっても2距離から攻撃すればダメージが入りません。
勿論、パルティア、エレファントも無効化されます。

正攻法且つ、一番楽な方法はファルシオンでしょう
それ以外で倒すとなると地獄のような難易度となります。

主人公として最後の力を存分に発揮してもらい、メディウスを倒しましょう!


●エンディング

メディウスを倒すと、玉座制圧せずともその時点でクリアです。
スタッフロール、マップにかかったターン数、各キャラの後日談が語られます。





スポンサーリンク




前:24章『マムクートのおうこく』

次:1章『マルスのたびだち』

ファミコン版『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』の攻略まとめ

スポンサーサイト



テーマ : ファイアーエムブレム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の攻略記事
プロフィール

HN:モノクロム

管理人が遊んだゲームを色々と更新&攻略していきます。
気になるニュース(ゲーム関係など)を紹介する事も多いです。

当サイトはリンクフリーです。


ツイッターアカウント
@anata7721
Google
Googleはサービスの改善や交流支援の為に ユーザーのブラウザにCookieの保存及び使用。 広告配信時に情報を収集する可能性があります。

また当ブログはサービス向上の為に Google アナリティクスにて情報収集を行っています。

サイト方針・免責事項及び
Google アナリティクスについて:
こちら

メールフォーム
管理人へのメッセージは此方から

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR