FC2ブログ

ラストダンジョン症候群について(ラスダン症候群)

ラストダンジョン症候群についての記事です。



スポンサーリンク



スポンサーリンク





■概要

最初のコラムは、巷で話題のラストダンジョン症候群についての記事です。
通称ラスダン症候群。(以下、ラスダン症候群と記載)


■ラスダン症候群とは?

ゲームをクリアする前に止めてしまう事を「積む」、または積みゲーと言いますが
ラスダン症候群は、ラストダンジョン手前か途中で止めてしまう状態をいいます。
主にRPGなどのジャンルを中心に発生し、社会人になるとより多発すると言われます。

有名なゲームで例えると、ポケットモンスターをポケモンリーグで辞めてしまったらラスダン症候群です。
管理人はポケモンでラスダン症候群になった事はないですけどね。


■原因は?

ラスダン症候群の原因としては3パターンあります。
1つずつ解説していきましょう。

1. 難しすぎる
最近はそんなに無いですが、それでも無いと言い切れないのがこれ。
単純に難しくてクリア出来ないというパターンは確実に存在します。
攻略サイトなどを参考に攻略すれば大抵は突破可能ですが、それにかかる労力に足踏みしている内に積んでしまうというのが通例。
または、それまでと別次元の難易度によってプレイヤーの心をへし折ってしまうケースも
ファミコン時代は多くありましたが、現在でも高難易度がアピールポイントのインディーゲームで存在します。


2. 時間がない
かかる労力に足踏みしていると上記しましたが、それと同じです。
多くのゲームは、製作者がしっかりとゲームバランスの調整をしているので常人にもクリア出来るようになっているはずですが、やはり時間は沢山かかってしまいます。
・初見プレイではイベントやムービーなども飛ばさず見るでしょう。
・エンディングクレジットが30分以上かかるゲームもあるでしょう。
・ラスボス戦で1時間を超えるゲームもあるでしょう。
・単純に道中が長いというのも多いでしょう。
それらによってとにかく時間がかかってしまい、大作ゲームではラスダンからED終わるまで5時間以上かかる事も……
ゲームを幾つかプレイしているとそうした労力が予想できてしまい、足踏みしてしまいます。
これの恐ろしい所は多くの場合は実際の体験ではなく、過去の予測で足踏みしてしまうという事。
実際はそんなに難しくないようなゲームでも足踏みして『ラスダン症候群』にかかってしまう事も多いのではないでしょうか。


3. ストーリーが読めてしまう
ラスダンというのは当然ながら最終盤なので物語の大筋はラスダン前で纏まっています。
ラスダンで意外な真実が明かされるというのも結構ありますが、やはり黒幕(ラスボス)以外の問題は解決しているものでしょう。
こうなるとプレイヤーがストーリーの先を読んでしまい、辞めてしまうという事があるようです。
これには大きく分けて2パターン存在しています。

・ストーリーが読めたから飽きて(面倒になって)止める
・ストーリーが読めたから終わって欲しくなくて止める

前者の場合、ストーリーの先を見たくて楽しんでいたプレイヤーは、ストーリーの先が読めてしまった途端に価値を見出せなくなる、或いはラスダンをクリアせずともこのゲームは十分楽しめたと辞めてしまいます。
ゲーム製作者を思うとなんとも理不尽な理由で止めてしまっていますが、このパターンを発症するプレイヤーは、多くのゲームを既にクリアしていてストーリーを終える事で得られる感動に慣れているという事が多いようです。

後者の場合、ゲームのストーリーに十分過ぎるほどハマっているのですがクリアしてしまうとお別れにもなってしまいます。
先の見えないストーリーを楽しんでいたのに先が見えてしまうと急に寂しくなり、手が止まってしまうのです。
そうして手が止まっている内にゲームをプレイする事自体の熱も冷めて完全に積んでしまうというケースも多いようです。



■まとめ

通常の積みゲーであれば、ゲームを複数買わずに1本ずつ購入してクリアするという対策があります。
しかしながらラスダン症候群というものは極めて厄介。
上記した様々なパターンでプレイヤーの前に立ち塞がります。
それは正にラスボス、ラスダンであり、プレイヤーの超えなければならない壁と言えるでしょう。

パターン2と3の場合なら休みの日などに気合を入れれば『ラスダン症候群』を倒してEDを迎える事が出来ます。
パターン1は笑って諦めましょう。




スポンサーリンク


スポンサーサイト



テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の攻略記事
プロフィール

HN:モノクロム

管理人が遊んだゲームを色々と更新&攻略していきます。
気になるニュース(ゲーム関係など)を紹介する事も多いです。

当サイトはリンクフリーです。


ツイッターアカウント
@anata7721
Google
Googleはサービスの改善や交流支援の為に ユーザーのブラウザにCookieの保存及び使用。 広告配信時に情報を収集する可能性があります。

また当ブログはサービス向上の為に Google アナリティクスにて情報収集を行っています。

サイト方針・免責事項及び
Google アナリティクスについて:
こちら

メールフォーム
管理人へのメッセージは此方から

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR