【ポケとる】スキルチェンジの使用オススメポケモン

ポケとるのスキルチェンジ考察記事です。



スポンサーリンク



スポンサーリンク





■概要

2016/06/28のチェックインにて新登場した「スキルチェンジ」
これはポケモンのスキルを変更するグッズ(アイテム)です。
データとして追加されただけではなく、全ての3DS・スマホに1個ずつ配布されました。
どれに使えばいいのか良く分らない人の為に優先度の高いポケモンを独断と偏見で紹介します。

尚、これらの評価は新ポケモンの加入、サポートできる性能の登場によって
後から評価が落ちたり、上がったりする可能性がある事を念頭に入れて下さい。



★数の目安

★0:非推奨
★1:実用性はあるけど優先度がとても低い
★2:後で役立つかもしれない
★3:使えば役に立つ
★4:使い所多数
★5:必須級




【読み方】
・以下、2017/05/04時点での状況を「現在」と表記します。
・★の数が優先度
・表記がないポケモンはスキルチェンジの使用が非推奨



■スキルチェンジ表
スキルチェンジ表(能力変化まとめ)



■評価リスト


サンダース:ふりはらう+
現在でんきタイプのメガパワー+は存在しておらずオンリーワンな性能ですが
サンダースの攻撃力が低く汎用性に欠ける為、メガパワー+要員としてしか運用できません。
マックスレベルアップに対応したので育てれば攻撃力100:ふりはらう+と極めて強力になりますが
Lv上げの手間暇と必要なグッズ数を考えると優先度は下がります。

★★★
ドンファン:グランドコンボ
実質専用スキルの「グランドコンボ」を所持しています。当然ながらオンリーワン性能。
じめんタイプ唯一のコンボスキル使いです。
実装当初は、そんなに強いコンボスキルではありませんでしたが
ダメージ補正が1.5倍に強化された事で日の目を浴びまくっています。
発動率がいまいちなので専用ステージでのスキルパワー強化をしたい所ですが
スキルパワーのドロップ率が悪いので苦難の道のりになってしまうのはネック。
マックスレベルアップに対応し、最終的に攻撃力120:グランドコンボになります。
育成は大変ですが強力なポケモンです。


カラカラ:メガパワー+
現在じめんタイプのメガパワー+は存在しておらずオンリーワンな性能ですが
カラカラの攻撃力が低く汎用性に欠ける為、メガパワー+要員としてしか運用できません。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力85:メガパワー+に成長します。

★★★★
ライコウ:バリアけし+
現在でんきタイプのバリアけし+は存在しておらずオンリーワンな性能です。
更に汎用性の高いバリアけし+を所持し、初期攻撃力も高めと理想的なポケモン
マックスレベルアップに対応しており、育てれば攻撃力110:バリアけし+へと変貌を遂げます。
メインステージでも後半になるとバリアけし+のでんきタイプがいなければ
ノーアイテムクリアが困難なステージが次々と現れるのでもはや公式が推奨しているかのようです。
ランキングでこのポケモンを入れていると有利に進む場合★+1


エンテイ:いわをけす+
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力110:いわをけす+に成長します。
ただし、トドゼルガやグライオンなど同スキルの他タイプで弱点を突ける場合が多くあるので
ライコウ、スイクンに比べると優先度はかなり落ちます。
また、ヒノアラシがデフォルトでいわをけす+を所持しているのでオンリーワン性能でもありません。
ランキングでこのポケモンを入れていると有利に進む場合★+1

★★★★
スイクン:ブロックくずし+
現在みずタイプのブロックくずし+は存在しておらずオンリーワンな性能です。
更に汎用性の高いブロックくずし+を所持し、初期攻撃力も高めと理想的なポケモン
マックスレベルアップに対応しており、育てれば攻撃力110:ブロックくずし+へと変貌を遂げます。
メインステージでの有用性も高いので文句なしの要求数と性能を持ちます。
ランキングでこのポケモンを入れていると有利に進む場合★+1



★+X
ミュウ:ブロックくずし+ / ふりはらう+ / バリアけし+ / 4つのちから+
4つのスキルから好きなものを選べる幻のポケモン。
マックスレベルアップに対応しており、育てれば攻撃力100:何らかの+能力へ成長します。
選べるのは利点ですし、育てれば強いですが手間がかかるのがネック。
イベントでスキルパワーが稼げる状態になったら★+1

優先度としては、 ブロックくずし+ > ふりはらう+ = 4つのちから+ > バリアけし+
スキルレベルを最大まで上げる事が出来るのなら
ブロックくずし+ > 4つのちから+ > ふりはらう+ > バリアけし+

以下、個別での評価。

★★★
【ブロックくずし+】
現状では優先度トップ。
エスパータイプ唯一のブロックくずし+を所有しているので安定した戦力として運用可能です。
過去には4つのちから+の選択肢もありましたが、現状これ1択に近い状況です。
詳しくは下記の4つのちから+を参照。


【4つのちから+】
ミュウの攻撃力が低いのでマックスレベルアップの投入が確定となりますが
マックスレベルアップを最大投入+スキルレベル最大のミュウの4つのちから+の火力は675(等倍ダメージ)
同条件のLv20、スキルLv5ミュウツーの4つのちからの威力は702なので火力が負けてしまいます。
また向こうは通常の4つのちからなので発動率も100%と隙が無いのが困りもの。
育成の労力とグッズ数は向こうが上とはいえ、ミュウ側もかなりのものなのでお手軽育成という点でも微妙です。
一応、弱点を突けば80%の確率で1350ダメージを出せるのは強いです。
どちらにせよスキルパワーが稼げるイベント中でなければ選ぶ必要はありません。


【ふりはらう+】
エスパーではスキルチェンジしたエーフィかスキルチェンジしたミュウのみとなります。
どちらもマックスレベルアップで最終攻撃力100と同スペック。
どうせふりはらう+要員として起用するなら選べるミュウより、選べないエーフィの方が優先度が高いです。
ミュウは別の要員にしましょう。


【バリアけし+】
クレセリアを所持している場合、絶対に選んではいけない選択肢。
クレセリアはマックスレベルアップ無しで最終攻撃力100:バリアけし+なので
ミュウをわざわざこれにする必要性が殆どありません。
一応、スキルパワー稼ぎが出来る状況ならスキルレベル的に上位互換に出来ますが
やはり、クレセリアを所持しているなら優先度は全くないです。



モジャンボ:ねむりコンボ
基本的にスキルレベルの高いシェイミ(ねむらせる)がいる場合のみ選択肢に入ります。
シェイミのスキルレベルが4以上なら★+1
ダメージ倍率1.5倍とかなり高め、眠り時にダメージがアップする仕様(1.3倍)と重複するので
限定的とはいえ極めて強力なコンボが可能です。初期攻撃力も70と優秀。
問題点は発動タイミングの少なさの割に、確実に発動できるほどの発動率を持たない所。
デフォルトの発動率:3消し:40%、4消し:60%、5消し:100%

★★★
ホウオウ:おくりび
ほのおタイプ4番目のおくりび要員。
マックスレベルアップには対応していませんが、初期攻撃力80とトップレベルです。
Lv10で既に他のマックスレベルアップで育成したポケモンと同等か上回るほどなので無問題。
おくりび要員としては最強格の逸材ですが既にマフォクシーという優秀なポケモンがいるので
用が足りているという感は拭えません。
強いのは間違いないのでマフォクシーを入手していないなら★+1個。



【2016/09/06追加】


フシギダネ:メガパワー+
必要数が多いので手間ですが、スキルパワーが稼げるのが優秀。
くさタイプはスボミーというメガパワー+持ちが存在しているので
あえて使うのならスキルパワーを稼ぐ優位点は大いに利用したい所。
マックスレベルアップに対応しており、攻撃力90:メガパワー+に成長します。


ヒトカゲ:メガパワー+
リザードンのお供などにするなら有りと言う感じです。
必要数が多いので手間ですが、スキルパワーが稼げるのが優秀。
ちなみにフシギダネ、ゼニガメと違って、ほのおのメガパワー+はヒトカゲのみです。
マックスレベルアップに対応しており、攻撃力90:メガパワー+に成長します。


ゼニガメ:メガパワー+
みずタイプ
必要数が多いので手間ですが、スキルパワーが稼げるのが優秀。
みずタイプはパールルというメガパワー+持ちが存在しているので
あえて使うのならスキルパワーを稼ぐ優位点は大いに利用したい所。
マックスレベルアップに対応しており、攻撃力90:メガパワー+に成長します。

★★
ピジョン:スカイコンボ
スカイコンボ要員は既にウォーグルが存在しているばかりか、ピジョンは攻撃力も負けています。
マックスレベルアップを使用して限界育成してもウォーグルLv10と同値の90止まり
このように明らかに見劣りしますが、利点としてメインステージのスキルパワー稼ぎがあります。
ステージ443『ピジョン』はスキルパワーのドロップ率が高めに設定されているので
高スキルレベルのスカイコンボ要員がグッズ消費無しに作れるのは強み。
マックスレベルアップにて攻撃力80:スカイコンボに成長します。


アメモース:きゅうこうか
きゅうこうかはダメージアップ系のスキルでダメージ倍率が5倍とかなり高いです。
ただし発動率は期待できず、3消し:15%、4消し:40%、5消し:70%と余り頼れません。
スキルレベルを上げると発動率が上がりますが、要求数が全120と膨大。
スキルパワーを30与えればLv3になり、そうなるとそこそこ発動に期待できるようになります。
マックスレベルアップに対応しており、最高攻撃力105:きゅうこうかとなります。
強いのは確かですが、要求するグッズ量が多いのが難点と言えるでしょう。
ライバルにツボツボ(むし:最終攻撃力105:アップダウン:スキルチェンジ必要なし)がいるのもマイナス。

★★★★
イベルタル:ブロックくずし+
誰の目にも明らかな強キャラです。
マックスレベルアップにも対応しているので最高攻撃力115:ブロックくずし+になります。
説明不要なくらい強いので優先度は非常に高いです。
ランキングでこのポケモンを入れていると有利に進む場合★+1


ジガルデ・パーフェクトフォルム:ブロックくずし+
ドラゴンタイプのブロックくずし+です。
マックスレベルアップには対応していませんが最高攻撃力110なので十分過ぎるでしょう。
ドラゴンタイプのレベルアップステージなどが開催されたら★+1


ストライク:Lアタック
スキル自体はそんなに強くないのですがマックスレベルアップが10個使えるので
攻撃力120:Lアタックに成長します。
Lアタックが強化されたので★1に復帰


【2016/11/01追加】


エーフィ:ふりはらう+
エスパータイプで数少ないふりはらう+要員です。
そもそも他がスキルチェンジしたミュウしかおらず、ミュウはブロックくずし+の方が優先度が高いので
ふりはらう+要員が欲しいなら此方となります。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力100:ふりはらう+に成長します。
育てれば強いですがマックスレベルアップが勿体ないのとレベル上げの労力がネック


★★★★★
エンブオー:アップダウン
ほのおタイプのアップダウン要員です。
マックスレベルアップに対応しており最終攻撃力110:アップダウンへと成長します。
最強格のスキルであるアップダウンを110の攻撃力から放てるのは魅力的。
スキルパワーを稼げるイベントが開催中なら★+1


ブースター:ふりはらう+
ほのおタイプ唯一のふりはらう+要員です。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力100:ふりはらう+に成長します。
育てれば強いですがマックスレベルアップが勿体ないのとレベル上げの労力がネック

★★
マナフィ:ふりはらう++
強力スキルを得た幻のポケモン。その1
マックスレベルアップには対応していませんが、初期攻撃力70なので戦力としては十分。
最終攻撃力90:ふりはらう++へと成長します。
スキルパワーを稼げるイベントが開催中なら★+1


グレイシア:ふりはらう+
こおりタイプ唯一のふりはらう+要員です。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力100:ふりはらう+に成長します。
育てれば強いですがマックスレベルアップが勿体ないのとレベル上げの労力がネック

★★★
ケルディオ(いつものすがた):だんけつ
強力スキルを得た幻のポケモン。その2
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力105:だんけつに成長します。
ホエルオーと並んでだんけつ要員です。 だんけつはむれをなすと似た効果を持ちます。
むれをなすが1個に付き50ダメージなのに対してだんけつは1個に付き30ダメージですが
だんけつは同じタイプのポケモン全てが対象なので、タイプ統一を行えば此方の方が高火力です。
30 x 揃えたポケモン以外全部 が固定ダメージとなり、これに通常ダメージが加算。 
全タイプを統一してだんけつを発動するだけで最低930ダメージが確定。
デフォルトでは発動率がいまいち心もとないですがスキルパワーを稼ぐと発動率が超上昇。
スキルを1あげるだけで20%上昇し、スキル5なら60%上昇ととんでもないことになります。
3消しで65%、4消し以上で100%という驚異の性能になるので極めて強力。
スキルパワーを5にするまでに必要な数が70と比較的少なめなのも優れたポイントです。
ネックはフルスペックで戦うなら手持ち全てをみずで統一しなければならない事。
ダメージが相性の影響を受けないので、弱点を突いたら倍とはいかない事。
スキルパワーを稼げるイベントが開催中なら★+1

★★
ゴウカザル:ショックこうげき
ほのおタイプ唯一のショックこうげき要員です。(そもそも所有者が少ない)
ショックこうげきは通常の「まひ」が2ターン持続なのと違い、持続4ターンと長い上
発動率もまひさせるより高いという上位互換スキル
マックスレベルアップに対応こそしていませんが初期攻撃力70組なので即戦力としては上等。
ほのおタイプは4タイプに弱点を突けますがその内3タイプ(くさ、むし、こおり)にまひ耐性が無いのも評価点です。
スキルパワー稼ぎが出来るのなら★+1

★★★★★
カイリキー:アップダウン
阿修羅に進化を遂げた火力の権化。
マックスレベルアップに対応した事で何と最終攻撃力125:アップダウンへと変貌します。
かくとうタイプは5タイプに弱点を突ける優秀なタイプであり
その中のノーマルタイプにはかくとうしか弱点を突くことが出来ないのでオンリーワン性能と言えます。
化け物と言わざるを得ない超性能であり、全サポートポケモンの中で最強の性能かもしれません。
スキルパワーを稼げるイベントが開催中なら★+1
難点は、マックスレベルアップを10個も使って果てしなくレベルを上げないといけない事。

★★
ナゲキ:バリアけし+
唯一のかくとうタイプのバリアけし+要員です。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力105:バリアけし+に成長します。
かくとうタイプは5タイプに弱点を突け、その中のノーマルタイプには
かくとうのみが効果抜群を取る事が出来ます。
この事から需要は高く、スキルチェンジが余っているなら投与してもいいでしょう。

★★
ミュウツー:4つのちから
基礎スペック最強のエスパータイプ。
マックスレベルアップに対応した事で最終攻撃力130:4つのちからと
全ポケモン中最強の攻撃力を所持しています。
これだけ高いとただの4つのちからと言えど高火力になります。
また、4つのちからは発動率100%なのを生かして
メインのニャースステージでフィニッシャーとして運用する事も可能。
4つのちからはスキルレベルを上げると劇的に威力が増すので
スキルチェンジするならスキルレベルも5を目指したい所。
スキルパワー稼ぎが出来るイベント中なら★+1

★★★★
クチート:アップダウン
はがねポケモンの火力を完璧に補います。
マックスレベルアップに対応した事で最終攻撃力115:アップダウンに成長します。
控えめに言って化け物なので育てる価値が十二分にあると言わざる得ません。
現状ではフェアリータイプに対して唯一の切り札となり得る性能なので価値は見た目以上にあります。
スキルパワーを稼げるイベントかメインステージが登場したら★+1


ニンフィア:ふりはらう+
フェアリータイプのふりはらう+要員です。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力100:ふりはらう+に成長します。
育てれば強いですがマックスレベルアップが勿体ないのとレベル上げの労力がネック
また、プリン~ウインク~が既にふりはらう+を所持しており、オンリーワン性能じゃないのも難点。

★★★★
マリルリ:アップダウン
フェアリー最高火力です。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力120:アップダウンに成長します。
今までドラゴンに弱点を突けるアップダウンはクリムガンのみでした。
クリムガンはドラゴンにしか弱点を突けないので躊躇しますが此方は
かくとう、あくに対しても弱点を突くことが出来るので使い所が多いです。
グッズが大量に必要なのが難点ですが育成の価値は十分にあるでしょう。


ラプラス:ショックこうげき
みずタイプ唯一のショックこうげき要員です。(そもそも所有者が少ない)
ショックこうげきの利点はゴウカザルの所に記載しているので其方を参照。
ラプラスは初期攻撃力50組ですがマックスレベルアップに対応しており
最終攻撃力100:ショックこうげきに成長します。
みずタイプが弱点を突ける3タイプは全てまひ耐性がないのも評価点。
ネックになるのは初期攻撃力の低さ故にマックスレベルアップが半ば必須な事です。


【2017/01/31追加】


コイキング:アップダウン
初期攻撃力30ですがマックスレベルアップを10個投与して育成すると
攻撃力100:アップダウンに成長します。
手間がかかり過ぎる事、みずにはだんけつというライバルがいる事から
強スキルを持ちながらそこまで優先度が高くありません。

★★
マスキッパ:だんけつ
元のスキルがアップダウン、スキルチェンジを使うとだんけつという
どっちかを誰かに分けて欲しい筆頭の贅沢ポケモンです。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力105:だんけつに成長します。
くさタイプオンリーチームですが、シェイミやキレイハナの存在を考えると強力です。
メガシンカ枠もメガジュカインが存在しており、シナジーが強いでしょう。
ただ、元のアップダウンが依然として強スキルなのでそのまま育てても絶対に強いです。
スキルチェンジを使わなくても強く、使っても強いという実に悩ましいポケモン。


クレベース:だんけつ
こおりのだんけつ要員です。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力110:だんけつに成長します。
強いですが、この攻撃力ならアップダウンの方が良かったでしょう。
また、こおりでだんけつをする場合、こおり統一チームとなりますが
こおりのメガシンカポケモンが物足りないので現状ではそこまで強くありません。
今後に期待。


ヤブクロン:わすれさせる
どくタイプのわすれさせる要員です。
既にビードルがいますがそちらは攻撃力がめちゃくちゃ低いです。
ヤブクロンはマックスレベルアップに対応しており
最終攻撃力100:わすれさせるに成長します。
強スキルのわすれさせる持ちで火力があるのは有効ですが
どくタイプ故に弱点を2つしか突けないのが難点です。


グレッグル:ポイズンコンボ
どくのコンボスキル所持した初めてのポケモン。
ポイズンコンボは、ダメージ倍率1.2倍で発動率もそんなに高くありませんが
スキルレベルを5にすると3消し90%、4消し以上で100%と凄まじい性能になります。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力100:ポイズンコンボと
どくの火力不足を補う事が出来るでしょう。
弱点を突けるタイプが2つしかないのが難点。

★★★
ヒトツキ:アップダウン
クチートと全く同じ性能。鬼火力。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力115:アップダウンに成長します。
クチートと選択ですが余裕がある人はどっちも育てて戦力を増強するのもありっちゃありです。

★★★
エアームド:きゅうこうか
強力なきゅうこうかを持ちます。
きゅうこうかはダメージ倍率5倍を誇る強スキル
スキルレベルを稼ぐのが大変な点を除けば、最終的にはアップダウン以上に
信頼のおけるダメージスキルとして活躍できるでしょう。


ハガネール:だんけつ
はがねタイプのだんけつ要員です。
評価的にはクレベースとほぼ同じなので今後に期待。
ちなみにマックスレベルアップには対応しておりません。


レジスチル:ブロックブレイク
レアスキルのブロックブレイクを持ちます。
ブロックブレイクは壊せないブロックを5つ消すスキルです。
3消しの発動率がブロックくずし+より10%少ないだけなのでほぼ上位互換。
スキルレベルで補強すればとても頼りになるでしょう。
ただし、はがねタイプにはディアルガが存在しておりそれで十分に事足りる事が多いのが難点。


バニリッチ:こおりのまい
こおりタイプのコンボスキルを所持します。
同じスキルを持つこおりタイプにツンベアーがいますが
バニリッチはマックスレベルアップで育成できるので十分差別化可能。
こおりのまいは実装当初はイマイチなスキルでしたが、後に強化されており
ダメージ補正が1.5倍に引き上げられました。
これによってこおり統一チームを作る際に優先的に候補となります。
残念ながらメガシンカ候補にこおりでコンボを誘発できる有力なものがいないので
メガレックウザ頼りになりそうではありますが選択肢の一つとなったのは悪くありません。
育成すると 最終攻撃力115:こおりのまい となります。


【2017/04/05追加】

★★
アイアント:アップダウン
強力スキル、アップダウンを持ち、マックスレベルアップにも対応しています。
ただし、育成すると最終的にツボツボと全く同じステータスになります。
スキルチェンジを使う分、此方の方が優先度が低いので非推奨。
強い事は間違いないので手持ちとの視認性の兼ね合いを考慮して
ツボツボよりアイアントが見やすいなら候補。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力105:アップダウンとなります。

★★★
ゲノセクト:4アップ
新スキル4アップを引っ提げて登場したむしタイプの幻ポケモン。
基本能力が高い上に、確定で発動する4アップは強力。
4アップはデフォルトだとただの4つのちからの劣化版ですが
4つのちからの半分のスキルパワー数でスキルレベル5まで上げられる手軽さを持ち
威力は4つのちからに及ばないものの、僅差まではいくので非常に優秀。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力110:4アップとなります。

★★★★★
サトシゲッコウガ:きずなのちから
新スキルを引っ提げて登場したみずタイプのエース格
きずなのちからは、スーパーボルトに似た能力となっており
凄まじいダメージを叩き出す非常に強力なダメージスキルです。
スーパーボルトより威力は劣るものの、発動率が勝っているので使いやすいでしょう。
ただでさえ強いのにスキルレベルを上げる程にダメージが増加していくので
最終的には最上位のダメージスキルとなります。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力110:きずなのちからとなります。

★★★
ミズゴロウ:ビッグウェーブ
新スキルを引っ提げて(以下略)
みずタイプのコンボスキルでダメージ倍率1.5倍と優秀です。
ミズゴロウもマックスレベルアップに対応しており
最終攻撃力115:ビッグウェーブとなります。


キモリ:だんけつ
くさタイプのだんけつ要員です。
マスキッパと共にくさのだんけつチームを組みたいならあり
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力115:だんけつ となります。

★★★
ゼルネアス:4つのちから
強力な能力を持ったフェアリータイプの伝説ポケモン
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力130:4つのちから とミュウツーと同値。
4つのちからは100%発動するので安定した高火力は強力です。
難点は育成が凄く大変な事でしょうか。


ブルー:ブロックくずし+
フェアリータイプのブロックくずし+は既に存在していますが
攻撃力が低いのでマックスレベルアップに対応したブルーは火力面で優れます。
最終攻撃力115:ブロックくずし+です。
ただし、単純な火力面ではぜルネアス、マリルリに劣りますし
育成が非常に大変です。


トゲチック:ショックこうげき
フェアリータイプの状態異常要員です。
フェアリーが弱点を突ける相手で麻痺する相手は、かくとう、あくの2種類。
ややピンポイント気味ですが、状態異常は大体こんなもんです。
マックスレベルアップに対応しており 最終攻撃力100:ショックこうげき となります。

★★
サーナイト:わすれさせる
フェアリータイプのわすれさせる要員。
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力110:わすれさせる になります。
デフォルトの攻撃力も悪くなく、競合する相手も現時点では特にいないという
今まで痒かった所に手が届いたポケモンです。
レベルアップなどで有用になったら★+1です。




【※ご注意】
2017/04/05時点での評価なので今後評価が変わるかもしれないという可能性は常にあります。
よってスキルチェンジを乱用せず、幾つかストックとして所持しておくのが無難でしょう。
勿論スキルチェンジは定期的にレベルアップステージなどで入手可能な為
1-2個くらいは有用性のあるポケモンに使っても全く問題ないと思います。
試しに使いたいなら★4勢にでもどうぞ

<スキルチェンジの歴史>

2016/06/28 スキルチェンジが初配布。対応したポケモンが26匹登場。
2016/09/06 スキルチェンジに対応したポケモンが25匹追加。









更新により★0になったポケモン


ロトム:メガパワー+
ビリリダマ(でんき:メガパワー+)が出現した事により
唯一のでんき:メガパワー+持ちという優位点が無くなりました。
一応、マックスレベルアップに対応しています。


ハリマロン:いわをけす+
チコリータ(くさ:いわをけす+)が出現した事により
唯一のくさ:いわをけす+持ちという優位点が無くなりました。
一応、マックスレベルアップに対応しています。


リーフィア:ふりはらう+
エルフーン~ウインク~(くさ:ふりはらう+)が出現した事により
唯一のくさ:いわをけす+持ちという優位点が無くなりました。
一応、マックスレベルアップに対応しています。


バニプッチ:バリアけし++
バリアを5か所消す強力スキルのバリアけし++を所持しています。
マックスレベルアップに対応していないので最高攻撃力60とスキル以外は頼りないです。


ヨノワール:ねむりコンボ
強力なダメージ補正を持つねむりコンボに変化します。
威力自体は高いのですが、相手のゴーストタイプはねむり状態にならないので
実質エスパー相手にしか運用の機会がありません。
ただし、スキルパワーが稼げる状況なら★+1
マックスレベルアップに対応しており、最終攻撃力110:ねむりコンボへと成長。


レジロック:いわをけす+
現在いわタイプのいわをけす+はカブトのみなので初期攻撃力差でカブトの上を行きますが
即戦力ではありますがマックスレベルアップに対応していないのがマイナス点。
2017/04/05の更新にて、スキルチェンジ前の「さいごのちから」が超強化されたので
スキルチェンジを使わない方がいいポケモンになってしまいました。




スポンサーリンク






※お役に立ちましたら此方のg+1ボタンを押して頂けると助かります。






<まとめ>
ポケモンのパズル「ポケとる」攻略と感想日記まとめ


スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
アクセスカウンター
無料
無料
無料
最新記事
Google
Googleはサービスの改善や交流支援の為に ユーザーのブラウザにCookieの保存及び使用。 広告配信時に情報を収集する可能性があります。
QRコード
QR
人気ページ
プロフィール

HN:モノクロム

管理人が遊んだゲームを色々と更新&攻略していきます。
当サイトはリンクフリーです。

免責事項:こちら