【ポケとる】メガスキルアップの優先度が高いポケモン

ポケとるにおいてメガスキルアップの使用候補です。



スポンサーリンク



スポンサーリンク





■概要
メガスキルアップとは、ランキング戦の上位、レベルアップ戦の報酬などで手に入るグッズ(アイテム)。
メガシンカできるポケモンに使用するとメガシンカするスピードがアップします。
また、メガシンカ出来るポケモンによって投与できるメガスキルアップの数も違います。
このページでは第1~第5候補までを解説付きで紹介しています。(同着の候補複数あり)
なお、この候補表は強力な新メガシンカポケモンが現れると上下する可能性があります。


最終更新日:2017/09/03



■候補の目安
第1候補:お手軽で汎用性もある、又は極めて高い汎用性
第2候補:強さと汎用性で第1を上回り、高難易度ステージで必須級
第3候補:汎用性に欠けるものの、適切な場面なら非常に強い
第4候補:メガスキルアップが余っているなら十分候補になる強さ
第5候補:一定の強みを持つが1,2,3,4,候補より劣る
それ以外:趣味でどうぞ。

評価点
・弱点タイプ以外にも起用可能な汎用性の高さ
・弱点タイプを突ける数
・コイン稼ぎやレベル上げでの有用性
・メガシンカ能力の強さ
・メガシンカする速さ
・メガスキルアップの使用回数
・競合する相手

また評価点にはなりませんが入手難易度にも言及しています。


・以下、メガスキルアップは「」とも表記。
・使用飴数とはメガスキルアップが使用できる回数。
・消去数はメガシンカするまでに必要な回数。







■第1候補
名前:ゲンガー
タイプ:ゴースト
使用飴数:1
消去数:11(10) ※()内の数値はメガスキルアップを全て投与した後の数
メガシンカ能力:メガゲンガーを全て消す!

解説
メガスキルアップを1個持っていたらまず最初にゲンガーに使用するべきです。
レックウザには劣るものの、コンボを誘発する能力で高い汎用性を持つポケモン。
特に3匹限定ステージの活躍ぶりは目を見張るものがあります。
メガシンカできるスピードも速く、デフォルトでも11匹消すだけでOK
必要な飴数が1と少ないので使わないのと大差ないと思われるかもしれませんが
逆に言えば1個与えるだけで完成すると言えます。
メガシンカの特性上、プレイヤースキルが殆ど要らないのもグッド
一番良いのはメインステージを135までクリアすれば利用可能というお手軽さです。
メガスキルアップ1個分以上の働きは確実にするので欠点らしいものは特になし。
そもそもたったの1個なので投与しても後悔する事はまず無いでしょう。
初心者の強い味方として度々お世話になるメガシンカポケモンです。



■第1候補
名前:スピアー
タイプ:どく
使用飴数:12
消去数:15(3)
メガシンカ効果:タッチした箇所を中心にまわりのポケモンやオジャマを消す!

解説:
タッチした1か所を四角状に9か所消します。
消去範囲的にコンボし難く、1か所なのでメガバンギラスなどに比べるとそこまで強い能力ではありません。
メガスピアーを最強格のメガシンカポケモンたらしめている理由はそのメガシンカの速さ
なんとメガスキルアップをフル使用していれば3消しした時点でメガシンカする異常な速度を持ちます。
僅か1ターンでメガシンカし、狙った箇所を指定してオジャマ除去を行えるのは革新的と言わざる得ません。
また、メガスタートが全く要らないのでノーアイテムによる攻略を行う際に最も強さが発揮されます。
コンボ促進などの火力面は弱いのでサポートポケモンの火力頼りな所がありますが
ポケとるはスキルパワーを始めとしたシステムが登場して以降、火力スキルが次々と強化されています。
メガスピアーは時代に合った最強のメガシンカポケモンと言えるでしょう。
ネックなのは12個という飴要求数の高さと本体、メガストーン共にイベント入手という点。



■第2候補
名前:レックウザ
タイプ:ドラゴン
必要飴数:20
消去数:33(13)
メガシンカ能力:メガレックウザと違うタイプのポケモン1種類を最大10匹消す!

解説:
ドラゴンタイプにしか弱点を突けませんが自分と異なるタイプを消すという効果を所持。
10匹消す能力こそありふれていますが、自分と異なるタイプという点が異質且つ極めて強力。
ドラゴンタイプ以外となら誰とでもチームが組める汎用性に優れたコンボ始動要員です。
イベント配信の週末ニャースステージでもコイン稼ぎ要員として活用可能。
ネックとなるのはメガスキルアップ20という高すぎる必要数とデフォルトの消去数の多さ。
メガスキルアップ20個は初心者にとっては膨大な数値なのでコツコツと与え続ける根気が必要です。
また、メガスキルアップをフル投入しても消去数13と多めになっているのもネック。
ただし、レックウザ本体がスキルチェンジではじきだすという強力なダメージスキルを習得した事により
メガシンカ前も立派な戦力になるので育成次第では弱点を克服する事が出来ます。
メガストーンとレックウザ本体はメインステージで入手可能なので誰でも入手可能ではありますが
メイン290とメイン300なので一定のやり込みが必要。



■第2候補
名前:ボスゴドラ
タイプ:はがね
使用飴数:5
消去数:18(13)
メガシンカ効果:タッチした3か所を中心にまわりのポケモンやオジャマを消す!

解説:
メガバンギラスと全く同じ能力を持ちながらメガシンカスピードが早く
メガスキルアップの必要数が5個という手軽さを持つメガバンギラスの上位互換的なメガシンカポケモン
タイプ相性的にはいわタイプより突ける弱点が少ないですが能力が強いので等倍でもOK
3か所タッチで周囲を含め合計15か所、しかも狙って盤面を消せるというのは極めて強力です。
メガシンカ能力の中でも間違いなく最上位のスキルと言えます。
ネックとなるのは能力がプレイヤースキル依存であり、初心者と上級者では恩恵が全く違う事。
また、イベントステージではないものの、使用できるようになるのがステージ550と非常に遠いため
初心者お断り状態となっています。
能力のプレイヤースキル依存と併せて初心者に厳しいメガシンカポケモンと言えるでしょう。
同じ能力のバンギラスとは飴に余裕が出来るまでどちらか片方を使った方が無難です。



■第2候補
名前:レックウザ(いろちがいのすがた)
タイプ:ひこう
使用飴数:15
消去数:24(9)
メガシンカ効果:タッチした2か所を中心にオジャマを消す!

解説:
バクーダと同じメガシンカ能力を持つ、ひこうタイプ版の黒いレックウザ。
使い勝手はバクーダと同じですが、スカイコンボチームのメガシンカ枠として起用できます。
通常のレックウザより、攻撃力が10高いのも地味に優秀。(初期攻撃力:80)
バクーダよりメガスキルアップ数が多い代わりにメガシンカスピードが速く
9匹消すだけでメガシンカするのは中々のスピードと言えるでしょう。
タッチした場所を十字に5か所消す、つまり狙った場所を消せるのは上記3匹同様に強力。
同能力を持つバクーダより優秀な点は、ボーマンダの存在があります。 ボーマンダは高い攻撃力で自然とスカイコンボチームに入る実力を持ちながら
スキルチェンジでメガパワーになるので黒レックウザのメガシンカを手助けできます。
1-2ターンでメガシンカしてオジャマ対処、プレイヤースキル次第でコンボも誘発できるのは非常に強力。
ネックなのは、やはりメガスキルアップ15個という必要数と本体がイベント入手という点。
タッチ出来るのが3か所ではないので痒い所に手が届かないというバクーダと同じ悩みも持つ事。
プレイヤースキルとボーマンダの育成具合で評価が変動する事でしょうか。
特に本体入手は第12弾サファリで一番のレア枠で出現率1%、非常に高い入手難易度と言えます。



■第3候補
名前:バンギラス
タイプ:いわ
使用飴数:15
消去数:30(15)
メガシンカ効果:タッチした3か所を中心にまわりのポケモンやオジャマを消す!

解説:
ボスゴドラと全く一緒の能力ですが、メガシンカの速さで劣り、メガスキルアップの必要数も多いです。
それだけなら完全に下位互換ですが、バンギラスはいわタイプなので弱点を突けるタイプが多く
基礎攻撃力もボスゴドラより高いのでしっかりと差別化が出来ています。
消去場所を指定できる能力は高難易度ステージやランキングにおいて強力な強みとなり
レベルアップステージのボス、メインステージのボス、ハイパーチャレンジ等の強敵では必須戦力と言えます。
ネックとなるのは上記した高難易度ステージでバンギラスを使う場合、飴をフル投入してもメガスタートが必須な事。 つまりメガシンカが遅すぎて負けるのでメガスタートが必須という、元も子も無い事態になります。
メガスキルアップを15個も使ってしまうのも難点ですし、メインさえ進めれば使えるようになるとはいえ
420ステージまでクリアする事もまた大変です。
コンボ促進能力も高いですがプレイヤースキル次第なので初心者には厳しいです。
メガボスゴドラというメガシンカの速さに優れた強力なライバルがいるのも難点。
ボスゴドラと差別化自体は出来ていますが、育てるならどちらか片方がいいでしょう。



■第3候補
名前:ボーマンダ
タイプ:ひこう
使用飴数:10
消去数:22(12)
メガシンカ効果:メガボーマンダと同じタイプのポケモン1種類を最大10匹消す!

解説:
能力自体は、メガミュウツーYのひこう版ですが様々な理由から高い能力を持ちます。
ボーマンダは、スキルチェンジで「メガパワー」となるのでこれがメガシンカスピードを上げており メガスキルアップをフル投入すれば、メガパワーも併せて2-3ターンでメガシンカします。 メガパワーのスキル上げを行っていれば3消しで発動率90%なので1-2ターンでメガシンカします。 また、ひこうタイプには最強格のコンボスキル「スカイコンボ」が存在。
ダメージ倍率2倍という破格の威力であり、コンボ誘発スキルであるメガボーマンダとの相性は抜群。
スカイコンボチームのリーダーとしてひこう弱点の相手に対して獅子奮迅の活躍を見せるでしょう。
また、現状ニャースのコインゲットステージでは最も適したポケモンと名高く、コイン稼ぎでも優等生。
本体、メガシンカと共にメインステージさえ進めれば手に入る事も良ポイント。
ネックとなるのはスキルチェンジ、スキル上げ、メガスキルアップ10個投入など
完成まで手間が物凄くかかる上に、ひこうタイプのコンボ加速はメガレックウザで代用可能な事。
メインで取れるとはいえ、本体がメイン209、メガストーンがメイン530と遠い事です。
色違いレックウザという強力なライバルもいるのでそれもネック。



■第3候補
名前:ミュウツー(Y)
タイプ:エスパー
必要飴数:14
消去数:23(9)
メガシンカ能力:メガミュウツーYと同じタイプのポケモン1種類を最大10匹消す!

解説:
2タイプにしか弱点を突けませんが弱点を突ける相手には強力な火力を発揮。
本体、メガストーン共にEXとメインを進めれば比較的早期に入手できるのも優秀。
EX20なので本体の入手は少々難しいですがイベントで度々配布される事があり
低難易度ステージが配信されたり、スマホ版では直接配布された事もありました。
イベントのニャースステージではエスパータイプに多いメガパワー、メガパワー+によって
コイン稼ぎ要員としてトップクラスの実力を有しています。
本体が強いのでメガシンカとしてではなくサポートしとして使いたくなる事。
メガスキルアップの必要数が多い事、2タイプにしか弱点を突けない事でしょうか。



■第3候補
名前:バクーダ
タイプ:じめん
使用飴数:7
消去数:18(11)
メガシンカ効果:タッチした2か所を中心にオジャマを消す!

解説:
タッチした2か所を十字状に消すので合計10か所が消えます。
それだけ見るならメガバンギラスの弱体版ですが、メガシンカが早いのでかなり強力です。
メガバンギラスを使っていても2か所消せばコンボ、オジャマ排除には十分な事が多いので
メガシンカスピードを上げつつ、能力をオミットした丁度いいポケモンがメガバクーダです。
メガスキルアップの必要数も7つと強力な能力の割に手が届きやすい数値なのも良ポイント
5タイプに弱点を突ける貴重なじめんタイプのメガシンカでもあります。
ネックなのは、本体メガストーン共にイベント入手という点。
3か所では無く2か所なので痒い所に手が届かない事がある点でしょうか。
特に本体は第5弾サファリで一番のレア枠なのでトップクラスの入手難易度です。



■第3候補
名前:フーディン
タイプ:エスパー
必要飴数:9
消去数:18(9)
メガシンカ能力:岩や壊せないブロックを最大10個消して敵にもダメージ!

解説:
メガプテラと全く同じ能力を持ちますが、必要な飴数が少なくデフォルトの消去数も少ない優等生。
タイプ相性的に2タイプにしか弱点を突けませんが、岩、壊せないブロックに対して高い汎用性を持ちます。
また、本体も初期攻撃力70:アップダウンなので、スキルレベルを上げれば火力にも期待できます。
ネックになるのはバクーダと同様に入手難易度の高さでしょう。
本体はイベント配信の第6弾サファリに2%の低確率、メガストーンはイベント配信のランキングのみ。



■第3候補
名前:ディアンシー(いろちがいのすがた)
タイプ:フェアリー
使用飴数:5
消去数:14(9)
メガシンカ能力:岩や壊せないブロックを最大10個消して敵にもダメージ!

解説:
メガプテラと一緒の能力を持ちつつ、メガスキルアップ使用数の少ない優等生その2
フーディンより更に少ないので優等生どころか特待生と言えるでしょう。
タイプ相性的にも3タイプに弱点を突けるので特別多くはないものの少なくもありません。
本体の初期スキルもブロックはじきなので対ブロックステージでの戦力としても期待できます。
ネックになるのは本体、メガストーン共にイベントのレベルアップのみという点。
メガストーンは共用なのでディアンシーがどちらか開催すれば入手できますが
本体ばかりは取り逃さないようにするしかないので逃した人は再開催を待ちましょう。



■第3候補
名前:ディアンシー
タイプ:フェアリー
使用飴数:10
消去数:19(9)
メガシンカ能力:バリアのかかったポケモンを最大10個消して!敵にもダメージ!

解説:
バリア専門タイプその1。
2016/11/05の更新にて相手にダメージを与える効果が追加されるという大幅な強化を受けました。
これにより、メガディアンシーと同じ効果を持つポケモンも同様に強化されています。
ダメージ量は、バリア専門だけあってハガネールと同値の100ポイントと非常に高いです。
ダメージ源として活用できるようになり、メガシンカ前のスキルも優秀である事から
バリア対策としての目的を遂行しやすい優れたメガシンカポケモンと言えます。
スキルチェンジでメガパワー+になる事で1ターンでメガシンカする事もあるので
元のバリアけし+も強いですが、出来ればスキルチェンジで使いたい所。
ネックになるのはやはり入手経路。
本体、メガストーン共にイベントのレベルアップステージなので初心者は中々手に入りません。
またメガスキルアップを10個も使うので投与のハードル自体が高いというのもあります。



■第3候補
名前:ヘルガー
タイプ:ほのお
使用飴数:7
消去数:16(9)
メガシンカ能力:バリアのかかったポケモンを最大10個消して敵にもダメージ!

解説:
バリア専門タイプその2
能力はメガディアンシー全く同じですがほのおタイプなので弱点を突ける相手が多く
メガシンカ前も強スキルのアップダウンを持つという特徴があります。
ヘルガーは突ける弱点を多く持ち、メガシンカ前も強いので攻撃的。
ネックになるのはやはり入手経路。本体の入手は第7弾サファリの最レア枠で出現率3%
メガストーンはランキングのみと初心者には手が届きにくいポケモンです。



■第3候補
名前:バンギラス(いろちがいのすがた)
タイプ:あく
使用飴数:4
消去数:12(8)
メガシンカ能力:バリアのかかったポケモンを最大10個消して敵にもダメージ!

解説:
バリア専門タイプその3
投与飴数が少ない割に消去数はライバルのディアンシー、ヘルガーを抜いてトップの少なさ
ただし、ディアンシーはメガパワー+をスキルチェンジで持つ為、スキル込みの速さは負けます。
デフォルトの能力がバリアはじきなのでメガシンカ前でもバリアをダメージ源に出来るのは優秀。
タイプがあくなので2タイプにしか弱点を突けませんが
使用飴数が少なく、奇跡的にディアンシー、ヘルガーと弱点被りが無いので
既に上記2匹の何れかを育成してたとしても役割が持てるポケモンと言えるでしょう。
ネックなのは本体が配布式なので逃した人は入手できない事。
メガストーンはメインステージ420で誰でも入手可能。



■第3候補
名前:ハガネール
タイプ:はがね
使用飴数:11
消去数:21(10)
メガシンカ能力:壊せないブロックを最大10個消して敵にもダメージ!

解説:
壊せないブロック専門の掃除屋さん、その1
そのままではプテラの劣化に見えますが、ダメージ倍率がプテラの2倍と非常に強力。
弱点を突かない相手でもその高火力により採用される優秀なポケモンです。
ジラーチのメガパワー+という優秀なサポートも付いており
強力なブロックオジャマを使用する相手には使用候補となる強い汎用性を持ちます。
ネックとなるのはメガストーンがイベント限定配布である事
メガスキルアップが10個も必要という事です。
本体はメインステージ190なので比較的容易に入手可能。



■第3候補
名前:オニゴーリ~ウインク~
タイプ:こおり
使用飴数:20
消去数:29(9)
メガシンカ能力:壊せないブロックを最大10個消して敵にもダメージ!

解説:
壊せないブロック専門の掃除屋さん、その2。
完成さえすればメガシンカの速度が消去数9とハガネールを超える速さになっています。
ネックになる部分は勿論、完成までに必要なメガスキルアップの数が20と凄まじい事。
これを集めるのは初心者には非常に厳しく、また集めたとしても第2候補を優先した方がいいので
オニゴーリ~ウインク~に飴を上げる頃にはその初心者は上級者に変貌している事でしょう。
メガストーンはメインで簡単に手に入りますが、本体は第10弾サファリのレア枠なので入手が難しいのもネック。



■第3候補
名前:ミュウツー(いろちがいのすがた)(X)
タイプ:かくとう
使用飴数:3
消去数:12(9) ※()内の数値はメガスキルアップを全て投与した後の数
メガシンカ能力:メガミュウツーXを全て消す!

解説
メガゲンガーと全く同じ能力を持ったポケモンその2
ただしメガスキルアップ3個で完成する事、5タイプに弱点を突けるかくとうタイプである事。
メガゲンガーよりもメガシンカスピードが速い事などから弱点こそ違うもののほぼ上位互換です。
難点としてメガシンカ前はエスパータイプ、メガシンカ後はかくとうタイプに変化する事。
これは結構面倒な仕様になっており、様々な所でちょっとだけ面倒です。
更にチェックインだけで本体が入手可能ですが、それが過ぎたら何時手に入るか分りません。
メガストーンは、メインステージ350をクリアすればいつでも入手可能ですがこのタイミングが最大のネック
この頃には既にメガゲンガーをプレイヤーが完成させている可能性が極めて高いので
後から上位互換の色違いミュウツーXが入ってきたとしても
プレイヤーとしては第2候補の強力なメガシンカポケモン等を育成したいはずなので中々候補になりません。
また、弱点を突ける数が多くはあるものの、このメガシンカ能力は汎用性が高く
こうかいまひとつの相手でも普通に起用出来てしまうのでやはりメガゲンガーで事足りてしまいます。
よってメガゲンガーさえ育成していなければ第1候補レベルです。



■第3候補
名前:ライボルト
タイプ:でんき
必要飴数:14
消去数20(6)
メガシンカ能力:縦に雷を落としてジグザグにポケモンを消す!

解説:
でんきタイプのレアなメガシンカポケモン。
6匹でメガシンカするという素晴らしい速度を持ちます。
雷が薙ぎ払うポイントはランダムですが、完全ランダムのデンリュウと違い
縦1-2列内をジグザグに消すので扱いやすいという利点を持ちます。
ネックになるのは、メガスキルアップ14個という多すぎる使用数。
コンボ誘発としては中々ですが、オジャマの対処として使い難いです。
また、入手が難しく、本体は第2弾サファリの最高レア、メガストーンはランキングのみと
メガシンカポケモンの中では入手難易度がトップクラスに高いポケモンの1匹でもあります。



■第3候補
名前:エルレイド
タイプ:かくとう
必要飴数:10
消去数16(6)
メガシンカ能力:縦方向にジグザグでポケモンを消す!

解説:
かくとうタイプのメガシンカポケモン。
6匹でメガシンカするという素晴らしい速度を持ちます。
能力的にはメガライボルトと同一であり、特筆して優れているわけではありませんが
5タイプに弱点を付けるかくとうタイプという強みがあるので使用すれば強いです。
入手は本体がEX29、メガストーンがメイン580となっています。
イベント入手ではなく誰でも入手できるとはいえ、ライト層には厳しい条件と言わざる得ません。



■第4候補
名前:ギャラドス(いろちがいのすがた)
タイプ:みず
使用飴数:10
消去数:19(9)
メガシンカ能力:メガギャラドスを全て消す!

解説:
メガゲンガーと全く同じ能力を持ったポケモンその1
3タイプに弱点を突けるみずタイプである事
メガスキルアップをフル投入でゲンガーより僅かにメガシンカスピードが早く
潜在的なポテンシャルは、メガゲンガーを上回っているメガシンカポケモン。
ネックとなるのがメガゲンガーと比べて入手難易度が高く、メガスキルアップ使用数も多い事。
本体の入手方法は、ポケモンサファリ第10弾ですが、出現率1%なので入手難易度はトップクラス。
メガストーンの入手も通常ギャラドスと兼用とはいえランキングのみなのでイベント限定。
メガスキルアップも10個必要なので極めてハードルが高いと言わざる得ません。
また、上記の色違いメガミュウツーXと同様に、この手の能力は1匹育てていれば事足りるので
わざわざ育成する必要性が薄いという点が挙げられます。



■第4候補
名前:バシャーモ
タイプ:ほのお
使用飴数:6
消去数:12(6)
メガシンカ能力:同じタイプのポケモンを最大3匹メガバシャーモに変える!

解説:
4タイプに弱点を突ける優秀なほのおタイプのポケモン。
飴をフル投与すると6匹消すだけでメガシンカする素晴らしい速さを誇ります。
メガシンカ能力は、優秀なコンボスキル『おくりび』と組み合わせる事で真価を発揮し
複数のメガバシャーモが連鎖して画面上が大量の爆発エフェクトで埋め尽くされると
物凄い大ダメージを叩き出します。
ネックとなるのは、デフォルトでも消去数12と優秀なので飴を投与しなくても普通に使える点。
メガストーンがイベント限定配布の点でしょう。
また、本体はEXステージで入手可能ですがバシャーモステージは高難易度で有名なので
ポケとるに余程慣れたプレイヤーでもないと気軽に手に入るようなものではありません。



■第4候補
名前:ラグラージ
タイプ:みず
使用飴数:6
消去数:12(6)
メガシンカ能力:同じタイプのポケモンを最大3匹メガラグラージに変える!

解説:
みずタイプのバシャーモ。
バシャーモ同様に飴をフル投与すると6匹消すだけでメガシンカする圧倒的な速さを誇ります。
メガシンカ能力はコンボを誘発するため、イベント配信されるニャースステージでも(多少慣れが必要)活躍できます。
以前は、おくりびを持つほのおタイプに後れをとっていましたがみずタイプも強化されており
コンボスキル「ビッグウェーブ」が登場したり、だんけつチームを組んだりとやりやすくなりました。
ネックなのはイベント開催のランキングでしかメガストーンが手に入らない事と
だんけつチームを組むにはそれなりにやり込みが必要な事でしょうか。
ラグラージ本体はEXステージで比較的簡単に入手可能。



■第4候補
名前:ジュカイン
タイプ:くさ
使用飴数:6
消去数:12(6)
メガシンカ能力:同じタイプのポケモンを最大3匹メガジュカインに変える!

解説:
くさタイプのバシャーモ。
バシャーモ同様に飴をフル投与すると6匹消すだけでメガシンカする圧倒的な速さを誇ります。
メガシンカ能力はコンボを誘発するため、イベント配信されるニャースステージでも(多少慣れが必要)活躍できます。
以前はほのおタイプに後れを取っていましたが更新によってどんどん強化されており
眠らせてダメージを増やしたり、わすれさせるでオジャマを妨害したりと器用です。
マスキッパがだんけつ、或いはアップダウンで大ダメージを与えられることもあり
強化されたくさタイプのリーダーに君臨できます。
また、キレイハナ、シェイミ等の存在により、他のバシャーモ系能力者よりオジャマに強いのもグッド。
ネックなのは他の3匹と同じく、メガストーンの入手経路がイベントオンリーな事。
メンバーを揃えるのが大変な事、デフォルトでメガシンカが早いので投与のメリットが薄い事です。



■第4候補
名前:ルカリオ
タイプ:かくとう
使用飴数:4
消去数:14(10)
メガシンカ能力:上下5マスのポケモンを全て消す!

解説:
かくとうタイプは5タイプに弱点を突ける優秀なタイプです。
特にノーマルタイプの弱点を突けるのはかくとうだけなのでその点でも優秀。
メガシンカ能力は、縦列を問答無用で消すのでオジャマに強いという特性があります。
仕様上、縦列のオジャマには相性が悪いですがゴリ押しで対応する事も可能。
本体の捕獲はEX3、メガストーンもミッション2クリアで入手可能と入手難度が低く 初心者に優しい良ポケモンです。
ネックとなるのはコンボを誘発し難いのでHPの高い相手には不利な点。
メインステージを進めると平然と万越えHPの相手が出てくるのでインフレに付いていけて無い点。
デフォルトでもそれなりにメガシンカが早いので飴を与える必要性が薄い点が挙げられます。



■第4候補
名前:ユキノオー
タイプ:こおり
使用飴数:7
消去数:13(6)
メガシンカ能力:上下5マスのポケモンを全て消す!

解説:
ルカリオと同じ能力ですがメガシンカスピードに優れます。
6匹でメガシンカするのは驚異的ですが、デフォルトでも結構使えます。
能力の性質上、横方向のオジャマには強いですが縦方向には弱いのでそこがネック
また、コンボを手助けするタイプの能力ではないので火力不足にも悩みます。
本体の捕獲はステージ289、メガストーンはイベントのみです。



■第4候補
名前:ヤミラミ~ハロウィン~
タイプ:ゴースト
使用飴数:7
消去数:14(7)
メガシンカ能力:同じタイプのポケモンを最大3匹メガヤミラミに変える!

解説:
ゴーストタイプのバシャーモ。
使用するメガスキルアップがやや多いですがその分、完成すれば消去数7でメガシンカするのは強み。
状態異常の「こわがり」にするとゴーストタイプのダメージが1.5倍になるので
疑似的なコンボスキルになります。
更にファントムコンボというコンボスキルも存在するので火力は十分。
ネックになるのはメガストーンはメインで簡単に手に入りますが、本体の入手がイベントな事です。
何しろハロウィンなので今後の再配信にしても1年の内、1度しか配信しないと思います。
また、ゴーストタイプのポケモンにはあくタイプという競合相手がいますが
あくのコンボスキル「ダークパワー」はメインステージで簡単に手に入るので
あく統一にした方がお手軽で強いです。
2タイプしか弱点が突けず、この手のメガシンカ能力はオジャマに無力な事も弱点。



■第4候補
名前:ゲンガー~ハロウィン~
タイプ:どく
使用飴数:7
消去数:14(7)
メガシンカ能力:同じタイプのポケモンを最大3匹メガゲンガーに変える!

解説:
どくタイプのバシャーモ。
どくタイプの「どくにする」という状態異常は7ターン持続してどくタイプのダメージを1.5倍にします。
凄まじい性能を持ちますが、2タイプにしか弱点を突けない故の強さでしょう。
また、どくタイプには「ポイズンコンボ」というコンボスキルも存在。
ネックになるのはやはりイベントでしか入手できない点。
オジャマに対して弱い点となります。



■第4候補
名前:ミュウツー(X)
タイプ:エスパー(メガシンカ後にかくとうになる)
必要飴数:9
消去数:15(6)
メガシンカ能力:同じタイプのポケモンを最大3匹メガミュウツーXに変える!

解説:
メガシンカ後にタイプが変わってしまう数少ないメガシンカポケモン
ポケとるにおいては不利に働く事が多く、ネックとなるポイントです。
ただし、本体の最終攻撃力が130と全ポケモン中最強の値になるので
メガミュウツーXを増やす効果が本体攻撃力が噛み合い、強力です。
「そうこうげき」というかくとうのコンボスキルもあるので上手く発動した上で大コンボに繋げられれば強力です。
ネックはやはり育成の大変さでしょう。



■第4候補
名前:メガリザードンX
タイプ:ドラゴン
必要飴数:13
消去数16(3)
メガシンカ能力:Xの形にポケモンを消す!

解説:
3消しでメガシンカする驚異的な速さがウリのメガシンカポケモン。
ただし、消す範囲はX字と変則的なので汎用性には欠けますが
斜めに消すのでコンボ促進を狙う事が出来るのが利点です。
ネックとしてはX字の消去か変則的なのでオジャマに対する対抗としては使い難い点。
コンボ促進が出来るとはいえコンボ特化型に比べると発動の単発で終わる事が多々ある点です。
メガスキルアップの必要数も13と多く、本体入手こそEXなので簡単ですが
メガストーンがランキング限定なのも初心者には厳しいポイントです。



■第4候補
名前:プテラ
タイプ:いわ
必要飴数:14
消去数23(9)
メガシンカ能力:岩や壊せないブロックを最大10個消して敵にもダメージ!

解説:
4タイプに弱点が突ける優秀ないわタイプのポケモンです。
コンボダメージ自体は期待できませんが岩、壊せないブロックを沢山破壊してダメージに変えるので優秀。
ネックなのは必要な飴数が多い点です。
強力なライバルとしてメガフーディン、メガディアンシー(色違い)が存在するのも逆風でしょう。
また、この手の能力の宿命として相手のオジャマが弱ければむしろお荷物になる点があります。
ただし、メインステージの104と180で本体、メガストーンの両方を入手できる容易さはグッド!



■第4候補
名前:ピジョット
タイプ:ひこう
必要飴数:12
消去数18(6)
メガシンカ能力:横向きのV字にポケモンを消す!

解説:
消去系範囲を持つひこうタイプのメガシンカポケモン。
6匹でメガシンカするという素晴らしい速度を持ちます。
横向きのV字とはつまり「>」の形に消すという事です。
そこそこコンボを誘発してくれるのと消去範囲が固定なのが強みであり、弱みでもあります。
オジャマ範囲がドンピシャの相手には強力でしょう。
ネックとなるのは消去範囲が固定なので汎用性に欠ける点です。
コンボ誘発もそこまで優秀ではありません。
メガスキルアップを12個も必要とする点も使い難いポイントであり
一番は、コンボ誘発としては同タイプにボーマンダという高い壁がいる上に
更にオジャマを消しつつコンボも出来る色違いレックウザという強すぎるライバルがいる事です。



■第4候補
名前:ガブリアス
タイプ:じめん
必要飴数:14
消去数24(10)
メガシンカ能力:左上から右下へナナメに3列ポケモンを消す!

解説:
じめんタイプのレアなメガシンカポケモン。
もっぱらステージ130にあるデンリュウ道場で育成役をこなす事が役割です。
メガスキルアップをフル投入したガブリアスをメガシンカ枠に据えて置けば
他のサポートがどんなのでもメガガブリアスを揃えているだけで勝てるので
その点において非常に優秀と言えます。
メガバクーダというライバルがいますが其方は指定消去である為
デンリュウ道場という経験値稼ぎの場に限り、思考停止で揃えているだけで勝てる此方の方が上です。
ネックとしては、汎用性に欠ける事。
メガスキルアップを14個も必要とする所。
入手がとても難しく、本体は第3弾サファリのレア枠、メガストーンはランキングと
メガシンカポケモンの中では入手難易度がトップクラスに高いポケモンの1匹でもあります。



■第4候補
名前:デンリュウ
タイプ:でんき
必要飴数:9
消去数18(9)
メガシンカ能力:ランダムに雷を落としてジグザグにポケモンを消す!

解説:
入手が簡単なでんきタイプのメガシンカポケモン。
9匹でメガシンカしますが、スキルチェンジでメガパワーに出来るので1-2ターンでメガシンカ出来ます。
メインステージの130と105で本体、メガストーンの両方を入手できる容易さもグッド
ランダムに消去していく雷は、コンボ誘発にもなります。
ネックとなるのは雷の挙動がランダム過ぎてオジャマの対処にはとても使い難い事。
コンボ誘発能力も普通レベルでそこまで高いとは言えない事。
オジャマが多い相手ではコンボ誘発として見てもオジャマ消去として見ても使い難い事。
メガスキルアップを9個も使う事です。



■第4候補
名前:ギャラドス
タイプ:みず
必要飴数:12
消去数18(6)
メガシンカ能力:縦方向にランダムなジグザグでポケモンを消す!

解説:
みずタイプのメガシンカポケモンですがデンリュウと評価は大体一緒。
6匹でメガシンカするという素晴らしい速度を持ちます。
メガシンカ能力はデンリュウと同じでランダムなのでそこそこにコンボ誘発が出来ます。
ネックになるのは、メガスキルアップ12個という多すぎる使用数。
また、本体の入手はスーパーチャレンジ、メガストーンはランキングとどちらもイベントなのもネック。
メガデンリュウと同様にそこまでコンボを誘発しない点
消去系オジャマなのにオジャマに対して使い難いのが難点です。



■第4候補
名前:ハッサム
タイプ:むし
必要飴数:12
消去数18(6)
メガシンカ能力:横方向にジグザグでポケモンを消す!

解説:
むしタイプのメガシンカポケモン
横方向にジグザグを発生させるというポケモンです。
縦の上部から下部まで消すのに比べると横方向は使い勝手が多少落ちています。
ただし、ある程度コンボの誘発をしてくれるのと運次第ですがオジャマ除去か期待できる事
プレイヤースキルが一切要らない点は一定の評価があります。
ネックになるのは、メガスキルアップ12個という多すぎる使用数。
更に本体はメインステージ143ですがメガストーンはメイン400と遠いので結構手間がかかります。
むしタイプという点にどれだけ価値を見出せるかがポイントになるでしょう。



■第4候補
名前:アブソル
タイプ:あく
必要飴数:8
消去数18(10)
メガシンカ能力:右上から左下へナナメに3列ポケモンを消す!

解説:
あくタイプのメガシンカポケモン。
右上から左下にひっかくタイプの消去範囲を持ちます。
ある程度オジャマを排除しつつ、ある程度のコンボが狙えるのが強み
更にプレイヤースキルが要らない点は良い点であると言えるでしょう。
本体はEX1、メガストーンはミッション10と、どちらも簡単に入手できる容易さもグッド!
ただし、メガスキルアップの必要数がそれなりに多い事により
初心者には中々手が出にくいというチグハグさは良いとは言えません。
強さ的にも第2候補連中には劣る為、どうしても優先度が落ちてしまいます。
せめてメガスキルアップがもう4つほど使えたら普通に強いのですが



■第4候補
名前:ヤミラミ
タイプ:あく
必要飴数:10
消去数16(6)
メガシンカ能力:Oの形にポケモンを消す!

解説:
あくタイプのメガシンカポケモン。
Oの字という変わった消去範囲を持ちます。
デフォルトだと大した事ないですが、メガスキルアップを投入すると6つという
素晴らしいメガシンカ速度を持つのが特徴。
何より、本体はメイン24、メガストーンはメイン30と入手難易度が超絶簡単な点は素晴らしいです。
ネックになるのは消去範囲が特徴的過ぎて、盤面の中央や隅にノータッチな事。
メガスキルアップの使用数が多いので初心者向けの入手難易度と噛み合っていない事。



■第5候補
名前:ミミロップ
タイプ:ノーマル
必要飴数:8
消去数11(3)
メガシンカ能力:上下5マスのポケモンを全て消す!

解説:
弱点こそ突けませんが、3消しでメガシンカするスピードは驚異的。
縦方向なので横列オジャマに対して特に有効です。
上手く横消し出来れば活躍出来るでしょう。
入手難易度の低さも利点で、本体はメイン52、メガストーンはメイン60と序盤で入手できます。
ネックになるのはメガスピアーのようにタッチで好きな場所を消す汎用性には及ばないので
メガスピアーを所持しているなら使い所に乏しい事。
揃えた場所から上下5マスなので縦消しでは効力がとても弱まる事。
弱点を突けないノーマルタイプという事です。



■第5候補
名前:ガルーラ
タイプ:ノーマル
必要飴数:8
消去数11(3)
メガシンカ能力:左右5マスのポケモンを全て消す!

解説:
ミミロップと殆ど似たような評価です。
弱点こそ突けませんが、3消しでメガシンカするのは非常に強いです。
横方向なので縦列オジャマに対して特に有効。
上手く縦消し出来れば活躍出来るでしょう。
入手難易度の低さも利点で、本体はメイン19、メガストーンはメイン20と最序盤で入手可能。
ネックになるのはメガスピアーのようにタッチで好きな場所を消す汎用性には及ばない事。
メガスピアーを所持しているなら使い所に乏しい事。
揃えた場所から左右5マスなので横消しでは効力がとても弱まる事。
弱点を突けないノーマルタイプという事です。



■第5候補
名前:チルタリス
タイプ:ドラゴン
必要飴数:10
消去数16(6)
メガシンカ能力:周囲2マスのポケモンを全て消す!

解説:
入手が簡単なドラゴンタイプのメガシンカポケモン。
6匹でメガシンカするスピードは素晴らしく、オジャマに対しての対抗力は中々のもの。
メインステージの118と75で本体、メガストーンの両方を入手できる容易さもグッド
ネックとなるのは消去範囲こそ多いものの、コンボし難い事。
メガスキルアップの数が10個と多い事、ドラゴンタイプなので1タイプにしか弱点を突けない事。
消去範囲こそ多いものの、自分を中心に消すので痒い所に手が届かないケースが多々ある事です。






スポンサーリンク






※お役に立ちましたら此方のg+1ボタンを押して頂けると助かります。






<まとめ>
ポケモンのパズル「ポケとる」攻略と感想日記まとめ


スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
アクセスカウンター
無料
無料
無料
最新記事
Google
Googleはサービスの改善や交流支援の為に ユーザーのブラウザにCookieの保存及び使用。 広告配信時に情報を収集する可能性があります。
QRコード
QR
人気ページ
プロフィール

HN:モノクロム

管理人が遊んだゲームを色々と更新&攻略していきます。
当サイトはリンクフリーです。

免責事項:こちら